>Column>面倒な確定申告は税理士に依頼することが可能

面倒な確定申告は税理士に依頼することが可能

男の人

そもそも、確定申告を怠るとどんな不都合なことが起きるのでしょう。大抵の人がその点を確認していないかもしれません。確定申告は国民の義務であり必ず、申告をしなくてはいけません。といっても、個人で確定申告が必要なのは個人事業者です。サラリーマンなどは会社が全て、おこなってくれます。ただし、場合によっては申告をおこなわなければなりません。怠ると払い過ぎた税金が戻ってこないです。他にもペナルティとして罰金も払わなくてはいけません。しかし、あくまで申告が重要なのは個人事業者です。だけど、節税対策や時間のことを考えると税理士に申告手続きの処理を依頼するのも一つの手段です。しかも、確定申告の代行をしてくれる税理士なら色んなノウハウもあるので都合がいいはずです。

確定申告を税理士に依頼する場合、どんな書類が必要になるのでしょう。基本的には個人事業者は個人で申告をしなくてはいけません。つまり、1年の売上や経費を帳簿につけて、それらをまとめて確定申告書類に記入します。それに添付書類として、源泉徴収票、経費に関する領収書、レシート、生命保険の保険料の領収書など、1年の間に発生したものをつけなくてはいけません。最後に申告書を作成します。これを毎年、行うのはなかなか骨の折れる作業です。個人事業者によっては申告の時期が一番、忙しくなります。なので、従来の仕事にも支障が出るばあいもあります。そこで、税理士に確定申告の代行を依頼するわけです。必要な書類を揃えれば後は税理士事務所ならではのノウハウで対処することができます。

電卓